ゲスト 様 ログイン

さくらクリニック・鹿児島市 | がん治療をはじめとする内科診療を行っています

さくらクリニック
診療時間 14:00~18:00(木曜休診)
  日・祝
14:00~18:00 × × ×

さくらクリニックBLOG

コロナウィルスの影響によるトイレットペーパーの買い占めについて

2020.03.09

こんにちは、さくらクリニック訪問リハビリテーション事業部です。
現在、国内においても新型コロナウイルスの影響により、感染のリスク以外にも各種様々な影響が出始めています。
特に最近深刻なのは、いわゆる「デマの情報」によるトイレットペーパーやティッシュペーパーの買い込み運動です。
この情報により、鹿児島市内においてもスーパーやドラッグストアは全て完売となっている状況が続いています。

これまでも台風やオイルショック等が発生した際に、このような買い込みによる購買活動が発生したりしています。
「何故、こういった現象は起きるのでしょうか?」
シカゴ大学の研究結果によると、「人間は、ストレスを感じた際に衝動買いが増えるとの傾向があり、自分でコントロールできないようなストレスに陥った際には、決して高価なものではなく、日用品等のより機能的なもの、実用的なものを買うという傾向が強まる」とのことです。
つまり、人は自分でコントロールできないような天災等のストレスが発生した際に、「安心を手に入れたい」という深層心理が働くことにより、今回のようなトイレットペーパー等の日用品等の買い込みによる購買活動が起きるという話でした。
「確かに購入したら安心しますが、、、、、やはり迷惑なことは確かですね!!」

ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ページトップへ