ゲスト 様 ログイン

鹿児島市・さくらクリニック | 副作用のない最新のがん治療をはじめとする内科診療を行っています

さくらクリニック
診療時間 14:00~18:00(木曜休診)
  日・祝
14:00~18:00 ×
※土曜・日曜・祝日(特別休暇を除く)も通常通り診療
心と身体にやさしい副作用のない最新がん診療
さくらクリニックのがん診療

さくらクリニックでは、西洋医学の良い点を認めながら副作用が少なく体質から改善する東洋医学の功績を取り入れ、高濃度ビタミンC点滴療法、αリポ酸、ウクライン、ナルトレキソン、免疫療法など患者様お一人お一人にあった治療法をご提案させて頂いております。

  • 高活性化NK細胞療法(免疫細胞療法)

    免疫細胞療法は、自己のリンパ球を体外で活性培養し、体内に戻すと言う療法です。培養する細胞は、NK細胞やT細胞など種類がありますが、もっとも原始的な免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。

  • ビタミンC点滴療法

    さくらクリニックでは、副作用のないがん治療としてアメリカ・カナダなどのがん治療先進国でも注目されているビタミンC点滴療法を実施しています。最新研究で明らかになったビタミンC点滴療法の治療法・効果・料金など詳しくご紹介しています。

  • がんの遺伝子治療

    新しいがんの治療法として研究が進んでいる「がん遺伝子治療」は、がん抑制遺伝子を投与して、がんの無限増殖を停止し、がん細胞を自然死に導く治療法です。抗がん剤・放射線治療と併用することで相乗効果も期待できます。

高濃度ビタミンC・リポ-カプセルビタミンCご注文はこちら
高濃度ビタミンC・リポ-カプセルビタミンCご注文はこちら
院長ごあいさつ
さくらクリニック院長 堂園 貞巳
皆様に選ばれるクリニックであり続けるために―

さくらクリニックでは患者様に寄り添った医療をお届けし、
皆様に選ばれ求められるクリニックとして研鑽を積んでまいりたいと思います。

さくらクリニック 院長 堂園 貞巳
ページトップへ