ご存知ですか?ビタミンC|鹿児島市・さくらクリニック

さくらクリニック
診療時間 14:00~18:00(木曜休診)
  日・祝
14:00~18:00 ×
※土曜・日曜・祝日(特別休暇を除く)も通常通り診療

ご存知ですか?ビタミンC

ご存知ですか?ビタミンC

ビタミンC

ビタミンCはレモンやオレンジなどの柑橘系のフルーツや緑黄色野菜など、自然界に存在する多くの植物に含まれています。人は自分でビタミンCを作ることができませんが、自然界のほとんどの動物たちは自分の体内でビタミンCを作っています。

例えば、ヤギは1日に14g作っていますが、病気にかかるとビタミンCの合成量は10倍にもなり、回復に役立てます。このことから、私たちが病気から回復したり、病気を予防して健康に若々しく日々を過ごすためにはビタミンCをもっと大量に摂る必要があると言えます。

ビタミンCの必要量って?

野菜や果物、サプリメントなど口から摂取したビタミンCは小腸で吸収され血管に入り、血液中を通って各臓器に運ばれます。現代の日本人の貯蓄量は、体重60㎏あたり平均1320mgとなります。

しかし、必要量に関係なく貯蓄量以外は2~3時間で尿として排出されてしまいます。よって、いくら摂っても排出量が増えるだけで、体内に貯まる量は変わらないということです。

これでは、いくら頻繁にビタミンCを摂取してもなかなか、効果が得られないのが現状です。

ビタミンCの上手な摂り方
  • 天然のものをそのまま原料加工にしたビタミンCサプリメントを見極める
  • 食事または補助食品1回200mgを1日3回摂取する
  • 体調や生活習慣に合わせて、摂取量を調節する
  • 高濃度のビタミンCを点滴で直接血中に吸収させる

それでは、ビタミンCにはどんな効能があるのでしょう?

  • 免疫力を高めて風邪を予防し、回復を高める
  • ニトロソアミンなど、発がん物質の生成を抑制する
  • 肌にハリを持たせ、粘膜や血管を丈夫にする
  • 鉄の吸収を促進する
  • 白内障を防ぐ
  • 放射線の害から体を守る
  • 過酸化脂質の生成を抑制し、動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞を予防する
  • 副腎髄質ホルモン合成に関与し、ストレスを緩和 など

逆にビタミンCが不足すると…

  • 免疫力が落ち、風邪をひきやすくなる
  • 肌がくすみ、しみ、しわができやすくなる
  • 食欲不振、不眠症などの症状が出る
  • 疲労感、脱力感を感じる
  • がんのリスクが高まる
  • 貧血、傷が治りにくくなる
  • 欠乏が著しいと壊血病になる
  • パーキンソン病になる

こんな方はビタミンCを必ず摂りましょう!

  • 肌をきれいにしたい方
  • ストレスの多い方
    強度のストレスでは約8倍のビタミンCを消費します。
  • 免疫力をつけたい方
  • 疲れている方
    労働や運動などで発生する活性酸素除去に大量に使われます。
  • 風邪を引きやすい方
    風邪の時はビタミンCが白血球を活性化するので、免疫力を向上させる必要があります。
  • 喫煙者、受動喫煙者
    ニコチンやタール等の有害物質の解毒代謝にビタミンCが使われ、副流煙を吸った時にも使われます。
  • 貧血の方
  • 妊娠中、育児中の方
  • がんや動脈硬化、老人性白内障を予防したい方
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ページトップへ