ゲスト 様 ログイン

アルファ・リポ酸点滴療法|鹿児島市・さくらクリニック

さくらクリニック
診療時間 14:00~18:00(木曜休診)
  日・祝
14:00~18:00 ×
※土曜・日曜・祝日(特別休暇を除く)も通常通り診療

アルファ・リポ酸点滴療法

アルファ・リポ酸点滴療法とは

アルファ・リポ酸点滴療法

アルファリポ酸はビタミンB群の1つとして細胞の重要なエネルギー代謝に関わっています。

アルファリポ酸には強力な抗酸化作用があり、体内で使われたビタミンCやビタミンEをリサイクルします。さらに肝臓の代謝を改善し、食中毒や重金属中毒では解毒作用を発揮します。アルファリポ酸はサプリメントでも摂取できますが、がんや肝炎に対しては点滴と経口で投与します。

アルファ・リポ酸の抗がん作用

  • がんの発生や進行の原因となるフリーラジカルを消去する
  • がんの発生に深い関係のある転写因子の活性を阻害する
  • 免疫力を高め、がん細胞を死滅させる
  • がん細胞内のミトコンドリア内でのエネルギー産生の環境を変化させることで、がん細胞をアポトーシス(細胞死)させる
  • がん細胞のアポトーシスを実行する因子を促進させる

アルファ・リポ酸点滴の特徴

ビタミンの多くには抗酸化作用がありますが、水にしか溶けない水溶性ビタミンと脂肪にしか溶けない脂溶性ビタミンがあります。

しかし、このアルファリポ酸は水溶性・脂溶性どちらにも働くことができるため、血液や脳脊髄液そして脳、心臓、膵臓、腎臓、肝臓、骨、関節、体脂肪など、あらゆる臓器のあらゆる細胞で抗酸化物質として働き、また、自らが抗酸化物質として働くだけでなく、抗酸化物質として働いて抗酸化力を失ったビタミンA・C・Eや グルタチオンなどの他の抗酸化物質を再生して、もう一度抗酸化力のある抗酸化剤に蘇らせる働きもします。

さらに、アルファリポ酸は、私たちが生きるために必要なエネルギーの元であるATP(アデノシン三リン酸)を作る際に、必要不可欠な働きをしており、 エネルギー産生アップとしても働いています。

  • ほぼすべてのがんの原発・再発・転移の治療やがん予防に適応できる
  • 現在のがんの三大療法である手術、抗がん剤、放射線治療との併用が可能である
  • 高濃度ビタミンC点滴療法との併用により抗がん作用の増強が期待できる
  • 胸水や腹水、また慢性腎臓病があっても治療適応できる
    (高濃度ビタミンC点滴療法では適応が難しい)
  • 免疫力の増強とがん細胞の自滅を促す低用量ナルトレキソン療法との併用による相乗効果が期待できる

このがん治療が適している方

乳癌、肺癌、膵癌、肝癌、食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、腎癌、膀胱癌、前立腺癌、子宮癌、卵巣癌、悪性リンパ腫など、ほぼすべてのがんの原発や再発、転移の治療など

これまでに膵臓がん、悪性リンパ腫などで有効な事例が報告されています。アルファリポ酸点滴療法単独、あるいは高濃度ビタミンC点滴療法、 ナルトレキソン療法などと組み合わせます。

[参考論文]
Berkson BM et al. Integr Cancer Ther. 2007;6:293, & 2009;8:416.

副作用

ほとんど副作用はありません。最近、アルファリポ酸のサプリメントを摂取して低血糖を起こしたインスリン自己免疫症候群の例が報告されました。アルファリポ酸点滴によるインスリン自己免疫症候群の発症は報告されていませんが、十分にケアをしながら点滴をします。

治療の流れ

  • 週に1回~10日に一回の頻度で、10回程度続けることをお奨めします。
  • 治療の目的により点滴の回数や投与量を調整します。
  • 1回の投与量は100mg~900mg(通常300~600mg)、点滴時間は30~60分程度です。
  • ビタミンC点滴療法と組み合わせる場合は、ビタミンC点滴を先に行います。
  • 点滴をしない日はサプリメントとしてビタミンB群、アルファリポ酸、セレン、シリマリンなどを経口で摂取します。

その他 効果の期待できる疾患

急性および慢性肝炎、肝硬変などの肝障害の肝庇護の目的でも使用されます。また、強力な抗酸化作用と解毒(デトックス)作用から、アンチエイジング医療としても注目を集めています。

料金について

アルファ・リポ酸点滴療法
(所要時間40~50分)
1回 12,000円

動画

「アルファ・リポ酸点滴療法」に関する講演ムービーです。

ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ページトップへ