更年期障害|鹿児島市・さくらクリニック

さくらクリニック
診療時間 14:00~18:00(木曜休診)
  日・祝
14:00~18:00 ×
※土曜・日曜・祝日(特別休暇を除く)も通常通り診療

更年期障害

更年期障害について

更年期障害

一般的に更年期と言われる時期には明確な区切りはなく、かなりの個人差があります。ただし、多くの方は50歳前後で閉経を迎えることから、45歳ぐらいから55歳ぐらいまでの約10年間が更年期の分布ピークと言って差し支えないと思います。この時期になるとホルモンバランスの乱れから、様々な不調が現れやすくなります。これがいわゆる更年期障害です。

この症状にも個人差があり、特に気にならないほど症状の軽い方から仕事や日常生活に支障が出る症状が重い方まで様々です。症状が重い方は特に心の不調を訴える方も多く、肉体的にも精神的にもつらい状況であるといえます。

このような症状は治療を行うことで改善を図ることが出来ます。さくらクリニックでは漢方とプラセンタ療法を中心に、更年期症状の改善に取り組んでいます。つらい更年期障害にお悩みの方はぜひご相談ください。

更年期障害の代表的な症状

血管運動神経症状 ホットフラッシュ、動悸、頻脈、発汗、手足の冷えなど
精神神経症状 イライラ、不安、落ち込み、抑うつ、不眠、意欲の低下、集中力の低下など
運動器関係の症状 肩こり、腰痛など
消化器系の症状 食欲不振、吐き気、おう吐など
生殖器系の症状 不正出血、月経量の異常、性交痛、外陰部の違和感など
泌尿器系の症状 頻尿、排尿痛など
全身症状 のどのつかえ感、頭痛、肥満、やせ、むくみ、体の違和感(アリが這うような感じ)など

更年期セルフチェック

「簡易更年期指数(SMI)」という自己チェック表です。下記の表に自分の症状に応じて点数をつけて、その合計点数をもとにチェックしてください。

症状 症状の程度(点数)
1. 顔がほてる 10 6 3 0
2. 汗をかきやすい 10 6 3 0
3. 腰や手足が冷えやすい 14 9 5 0
4. 息切れ、動悸がする 12 8 4 0
5.寝付きが悪い、または眠りが浅い 14 9 5 0
6.怒りやすく、すぐイライラする 12 8 4 0
7.くよくよしたり、憂うつになることがある 7 5 3 0
8.頭痛、めまい、吐き気がよくある 7 5 3 0
9.疲れやすい 7 4 2 0
10.肩こり、腰痛、手足の痛みがある 7 5 3 0
1~10までの合計点数

※小山崇夫先生による簡易更年期指数(1992)より

0~25点 問題なし
26~50点 食事、運動に気をつけ、無理をしないようにする
51~65点 外来で、生活指導カウンセリング、薬物療法を受けた方がよい
66~80点 長期(6ヶ月以上)治療が必要
81点以上 各科の精密検査が必要
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ページトップへ