高活性化NK細胞療法(免疫細胞療法)|鹿児島市・さくらクリニック

さくらクリニック
診療時間 14:00~18:00(木曜休診)
  日・祝
14:00~18:00 ×
※土曜・日曜・祝日(特別休暇を除く)も通常通り診療

高活性化NK細胞療法(免疫細胞療法)

免疫細胞療法とは

自己のリンパ球を体外で活性培養し、体内に戻すという療法です。 培養する細胞は、 NK細胞やT細胞など種類がありますが、もっとも原始的な免疫細胞であるNK(ナチュラルキラー)細胞の効果が注目されています。

NK細胞はリンパ球の一種で、自然免疫の中心的役割を果たし、ウイルスに感染した細胞やガン細胞に結合して殺傷する役割を持っています。

ガン細胞は健康な方でも毎日3,000~6,000個くらいは体内で発生していると言われており、ガン細胞をいち早く発見して殺傷するのがNK細胞です。がん患者様はNK活性が健康な人と比べて低下していることが明らかになっております。

そこで重要なのが免疫細胞療法によって免疫細胞を増やし、体内の免疫力を強化することにより、がん細胞に確実な攻撃を仕掛けていくことなのです。これが免疫細胞療法なのです。

「免疫細胞療法」には、活性化リンパ球療法や樹状細胞療法、ワクチン療法など多くの治療法がありますが、NK細胞療法が有効との症例がすでに報告されています。

リンパ球ががん細胞の集まってくる様子リンパ球の様子

高活性化NK細胞療法(免疫細胞療法)の効果

「免疫細胞療法」の中でも、がん細胞の攻撃に最も効率の良い、”NK(ナチュラルキラー)細胞”に特化した「高活性化NK細胞療法」です。

  • がんの部位、進行度に関係なく、有効です。
  • 副作用もほとんどなく、身体に負担の少ない治療法です。
  • 他の治療法との併用で、相乗効果も期待できます。
  • 体力を改善させながら治療が出来るのも「高活性化NK細胞療法」の大きなメリットです。
  • ご自身の免疫力を強化し、がん細胞に確実な攻撃を仕掛けて「がん」の進行を阻止します。

治療の流れ

  • がん患者様の血液を50ccほど、採血します。
    (一般の献血が400ccですので、それと比べるとはるかに少量で、患者様の身体への負担が少ないと言えます。)
  • すぐに、免疫細胞の培養を始めます。(2週間を要します)
    (無菌状態に保たれた最先端の培養施設で、熟練の培養技師が培養、活性化し、NK細胞を、1,000倍を目安に増やします。これは、健康な人が持っているNK細胞の数をはるかにしのぎます。)
  • 活性化、増殖させた、患者様自身の免疫細胞を生理食塩水とともに点滴で戻します。
    (30分ほどを要します)
  • 1クール6回を目安に、2週間、または3週間に1回のペースで治療を行います。

このがん治療が適している方

膀胱がん、悪性黒色腫、乳がん、多発性骨髄腫、カルチノイド、神経芽腫、結腸・直腸がん、卵巣がん、子宮がん、神経膠芽細胞腫、膵臓がん、肝臓がん、 前立腺がん(無治療)、肺がん(非小細胞肺がん)、腎細胞がん、リンパ球性白血病(慢性)、ホジキンリンパ腫、非ホジキンリンパ腫、咽喉がん

副作用について

  • 自己の免疫細胞を培養・活性化して再び身体に戻す療法ですので、副作用はありません。
  • 点滴後にまれに一時的な熱感がみられる場合がありますが、時間とともに解熱致します。

料金について

高活性化NK細胞療法 1クール(6回) 1,764,000円
3回 915,000円
1回 320,000円
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ページトップへ