ゲスト 様 ログイン

さくらクリニック・鹿児島市 | がん治療をはじめとする内科診療を行っています

さくらクリニック
診療時間 14:00~18:00(木曜休診)
  日・祝
14:00~18:00 ×
※土曜・日曜・祝日(特別休暇を除く)も通常通り診療

さくらクリニックBLOG

受付発!「いつまでも若々しく健康に!プラセンタの埋没療法」

2022.03.25

こんにちは。さくらクリニック 受付 伊與田です。
3月に入り、ずいぶん暖かくなってきましたね。山桜が咲き始めてとても綺麗です。あと一週間もすればソメイヨシノも開花するでしょうか?
コロナ禍のため、皆でお花見とはいかないでしょうが、満開の桜を見るのが今から楽しみです。
さて、今回はプラセンタの埋没療法についてのお話です。
プラセンタとは「胎盤」のことで、お腹の中でお母さんと赤ちゃんをつなぐ大切な臓器です。胎盤には様々な栄養素が含まれており、多くの動物は出産後に胎盤を食べる行為がみられています。
10種類以上のアミノ酸や、ビタミン、ミネラル、酵素、成長因子等が豊富に含まれており、肝機能の強化、疲労回復、自律神経やホルモンバランスを整える作用、その他アンチエイジングなど様々な効果が期待できます。実際にプラセンタ注射は肝機能障害と更年期障害で保険適用されており、当院でもプラセンタ注射の治療を受けていらっしゃる患者様がたくさんいらっしゃいます。
プラセンタ注射はプラセンタエキスを腕やお腹、お尻に注射するのに対し、プラセンタの埋没療法はプラセンタの組織自体をお尻に埋め込む治療法で、自由診療で行っています。プラセンタ注射の効果は1~2日程度ですが、埋没療法はプラセンタがゆっくり浸透していくため、3週間前後効果が持続するのが特徴です。
また、お肌のハリや疲れにくさ等も埋没療法の方が実感できます。私は腰痛持ちなのですが、腰痛緩和にも効果を実感しています。
初めて受けられる方は処置に対して少し不安があるかと思いますが、まず麻酔の注射をしてから組織を注入します。麻酔液が入る時に少し痛みがあり、その後はほとんど何も感じずに処置は終了するのでご安心ください。ただし、埋没後3~4日は打撲のような痛みがあったり、人によっては悪寒や微熱等の風邪の引き始めのような症状があったりします。これは一時的なもので、数日で症状は改善します。以前プラセンタの埋没療法をされていた韓国の先生が、処置後の反応が強く出た時の方がプラセンタの効果も高いと話されていました。その話を伺ってからは、効果がでるかもと期待しながら痛い期間を乗り切っています(笑)
当院では約20年前からプラセンタの埋没療法を行っております。何年も継続して埋没療法を受けていらっしゃる患者様は、やはり若々しくお肌にツヤがありますし、皆様とても元気でいらっしゃいます。私もそんな風に歳を重ねていくことを目標にして、定期的に埋没療法を続けているのです!
ご興味がある方は、是非受付までお声がけくださいませ。

ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ご相談・お問合せはお気軽にご連絡ください
ページトップへ